社員インタビュー

【Pathfinder】元パート主婦と地方在住SEが目指すコンサルタントへの道。入社したふたりが描く「私のキャリア形成」

名前 G
入社 2023年
前職 販売
役職 CRM事業部 プリセールス
趣味 町のパン屋巡り
名前 K
入社 2023年
前職 システムエンジニア
役職 CRM事業部 コンサルタント
趣味 里山登り、プチお遍路、焚き火、ビール、読書
今回はPathfinderの卒業生としてADXに入社した2名の方に、Pathfinderプログラム、ADXでの働き方についてインタビューをいたしました!

Pathfinderに参加したきっかけを教えてください

K:IT業界で働いていくうちに、クラウドの技術を使って、より価値のあるものをお客様に提供していくことで世の中に貢献したいと考えるようになりました。クラウドの技術領域に秀でたキャリア形成をしていきたいと思っていたときにSalesforceが学べ、資格も取得することが出来るPathfinderのプログラムを知って、参加を決意しました。

Pathfinderに参加した感想を教えてください

K:私は3期生としてPathfinderのプログラムに参加しました。オンラインでクラスを受講するのですが、勉強しつつ気軽に会話もできるような学校に似た雰囲気がよかったです。私は最低でも毎朝15分間は勉強することでリズムをつくって、他にも同期生たちと「もくもく会」なる勉強会を開催して学習を進めてきました。
プログラムの中で面白いなと思ったところはフェーズごとにインプットとアウトプットの場が設けられていたことです。たとえばフェーズ1で学習した後に、フェーズ2では課題が提示されて、学んだことを活かして開発し、最後には成果発表を行います。アウトプットを通してどこに理解の穴があるのかとか、ここをもっと深く学べばより効果的な提案になるなと気づけました。

KさんがADXを選んだ理由は何ですか?

私がADXを選んだ理由はフルリモートで仕事を満足に出来るからです。私自身が香川県に住んでいて、長男としてこれから親の面倒をみていかなければならなかったので、今住んでいる場所で働けることは自分にとって大きな選択理由のひとつです。
ADXではSalesforce導入支援だけではなく、自社のプロダクトとして「WEEEM」*というポータルサイトがあったり、自社で作ったものを育てつつその経験をいかしてお客様に提案する、自分たちでよいサービスを作っていこうとする会社の姿勢にも魅力を感じました。それと面接をしてくれた執行役員(金本)のお話がとても興味深くて「ぜひこの人と一緒に仕事をしていきたいな」とも思いました。

*WEEEM Portal
「WEEEM Portal」はExperienceCloudで作成されたポータルサイト。Salesforceの初期導入や運用保守、伴走支援でケースやナレッジを活用し、一気通貫のトータルサポートを実現。

Pathfinderでの学びはどのようにいきていますか?

G:Pathfinderで学んだことはダイレクトに仕事にいきていると思います。それとPathfinderも全部ウェブ上でのやりとりとなるので、私としては全然違和感なくフルリモート環境であるADXで仕事を始めることができました。
またPathfinderには卒業生のコミュニティがあって、勉強会や情報交換も盛んに行われています。そこで卒業生らと討論したり学んだことは、今もADXでの業務にいきています。

入社して分かったADXの良いところはどこにありますか?

K:困ったことがあってSlackに投稿したりするとすぐに返信が返ってきますし「ちょっといいですか」と通話での質問をお願いしても「OK!」と気兼ねなく応じてくださったりして、他にも自分が知り得たナレッジをすぐに共有したりと、穏やかな雰囲気で人間関係が良いなと思っています。こうした気軽にコミュニケーションが出来る空気は、リモートでの仕事では特に大事なことだと思っています。

昨年に入社して1年経ったGさんのご感想を教えてください

当時の記事はこちら!

G:私の場合はITに関しては未経験でPathfinderを卒業した後にADXに入社したのですが、分からないことを質問すればどなたも丁寧に教えてくださって入社直後から働きやすかったのが印象深いです。今も仕事の幅が広がるようにどんどん挑戦をさせてもらって、ADXでの自分と事業部がもつ目標に向けたミッションにやりがいを感じています。

Pathfinderの受講を検討されている方向けに、卒業生として座談会でお話もされているGさん。

入社後に取得された資格はありますか?

採用担当:ADXは知識習得のためのSalesforce・Oracle認定資格支援に加え報奨金など積極的なサポートをしておりますが、お二人は最近取得された資格はありますか?

K:今年「MuleSoft Developer I」を取得しました。私はコンサルタントとして業務に入っているので、資格や勉強した内容は直接的に仕事にいきてきますね。不明点は経験豊富なADX社員の方を捕まえて相談もさせてもらっています。

G:去年と今年で「Experience Cloud コンサルタント」「Sales Cloud コンサルタント」のふたつを取得しました。私自身はコンサルティングのスペシャリストとしてのキャリア形成を目指しているので、この知識をこれから実務にいかせるのが楽しみです。ADXは資格取得についても応援してくれる会社なので、是非これから入社する方も上長と相談しながら積極的に勉強していって欲しいなと思います。

担当業務と1日のスケジュールについて教えてください

G:コンサルティング案件のサポート業務を担当しています。朝にメールのチェックをして、日中は外部とのミーティング、他はプロジェクトの担当業務を進めています。特に担当している案件に問い合わせが来ているときは、これからコンサルティングを目指す者としてより丁寧な対応を心掛けています。

K:私は今のプロジェクトにコンサルタントとして参加していて、ビジネスパートナーさんと一緒にSalesforce導入支援を実施しているところです。朝に前日までの情報を含めたキャッチアップをして、今自分がしなければならないタスクを整理して落とし込むところから始めています。それをふまえて今日やることの時間配分を決めて当日のゴールを設定しています。月水金は部内ミーティングがあるので、課題や共有しなければならないことをまとめます。一日の終わりには翌日スムーズに業務を始められる準備をして退勤しています。

Gさんの趣味であるパン屋さん巡りのお写真&Kさんがお住まいの香川名物のうどん!どちらもおいしそう・・!

ご自身のこれからのキャリアはどのように描いていますか

G:これからはコンサルティングの領域でも働くことが出来るように研鑽中です。自分でも本を読んだり勉強をしたりしつつ、どのようにお客様への提案を作り上げていくのか、実際にマネージャーからもいろいろと教わっています。

K:私はよりコンサルタントとして大成するために、開発系・Tech系の資格の勉強中です。Web上で学習していると壁にあたることがありますが、社内に相談しながら進めることが出来るのはすごく助けになっています。プロジェクトリーダーとしての立場になったときにそれをリードできるように、そのあたりの知識を日々、Trailheadを中心に勉強しています。

PathfinderやADXに興味がある方に一言お願いします

G:PathfinderはITの経験がなくても、実際の業務で役立つことを学習できる素晴らしいプログラムだと思っています。オンライン上での学習ではありますが、仲間と一緒になって勉強を進めることができます。ADXはフルリモートというかたちで仕事にコミットしつつプライベートも大切に出来る会社です。ぜひ興味があれば積極的にエントリーして欲しいです。

K:PathfinderでもADXでも自分から動いていけばそれに応えてくれる環境が整っているので、その資格を武器にしてこれからのキャリアプランを考えてみるのも良いと思います。ADXはどなたも親切な方ばかりですので、この機会をチャンスと捉えて、人事採用のスタッフに相談をしてくれたら嬉しいですね。

休日はどのように過ごしていますか?

G:休日は溜まってしまった家事を一気に片付けるチャンスなので、気合を入れて頑張っています。平日はなかなかお掃除まで手が回らなくて、これはすごく大事な私のミッションです。
K:私は下の子の部活の応援やその大会の審判のために子供たちと県内あちこちに試合へ出向くことが多いですね。あとは私自身の資格の勉強をしたりしています。

ワーケーション制度は利用されましたか

G:ジブリ作品が好きなのでジブリパークに行ってみたいと思っています。子供が大きくなると、なかなか親と一緒には遊んでくれなくなってしまうので、出掛けることが出来るうちに行ってみたいですね。

K:私は息子がずっとバスケをやっていて、この夏の全国大会がおそらく北海道での開催となるようなので、家族そろって応援に駆けつけたいと思っています。下の子も兄に倣ってバスケを始めたので、ワーケーション制度を利用して全国どこへでも応援しにいきたいです。

採用担当メッセージ

Pathfinderを通してIT業界未経験から入社僅か1年にて精力的にご活躍しているGさんと、コンサルタント職としての存在感を発揮しているKさんにお話を伺いました!Pathfinderイベントから今まで人事として関わらせていただいていますが、お二人の活躍は目覚しく、嬉しい気持ちで一杯となったインタビューでした!ADXでは随時カジュアル面談を実施しております。当社にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP