社員インタビュー

新たな道への第一歩 Pathfinder卒業生のチャレンジとその思い

名前 A
入社 2023年
前職 IT人材サービス企業 派遣エンジニア
ポジション ERP・EPM事業部 アソシエイト
趣味 芸術鑑賞・和文化

*Pathfinder(パスファインダー)とは?
「Pathfinder」は、2018年に米国においてDeloitte社とSalesforce社が共同でスタートしたDX人材育成プログラムです。本プログラムは、第4次産業革命でのキャリアに必要となる技術とビジネススキルの習得機会を提供し、参加者がSalesforceエコシステムでのキャリアを実現するための就業機会を提供する労働力開発イニシアチブです。カリキュラムは米国でのノウハウを日本向けにカスタマイズしており、CRMやSalesforceの知見を短期間で習得できるよう構成されています。
https://www.salesforce.com/jp/company/careers/pathfinders/

Pathfinder参加のきっかけを教えてください。

以前の仕事でもIT分野やRPAを使った業務効率化に興味があって、転職を経て社内システムや情報セキュリティに関する運用の業務に携わっていました。それに加えて某大学のDX人材育成プログラムの講義を聴講したりして、業務のバックグラウンドの知識を深めている最中に、興味があったSalesforceのPathfinderの存在を知りました。本格的にプラットフォームを学ぶことが出来る良い機会だと思ってPathfinderに参加しました。

Pathfinderでの経験が今の業務にどのようにいかされましたか?

Pathfinderの人材育成プログラムで学んだことはどれも実用的で、業務を遂行するための前提となる知識やスキルを学ぶことができました。当初は思ってもいなかったことではありますが、日々の生活の中にある隙間時間を使って学習をすすめる方法や経験を得たことも今の仕事に役立っています。他にもPathfinderでは同期のような存在の受講生がいたので、お互いに励まし合ったり課題の進捗を共有したりすることで、最後まで挫けることなく学習を終えることが出来ました。質問でもチャットをたくさんやり取りすることも多く、フルリモート環境下での仕事の進め方の参考になりました。

ADXに入社を決意した理由を教えてください。

私としては、会社の各セクションが獲得した情報を基幹システムに繋げていかないと、せっかく最前線で有益な情報を手にしても会社がそれを活用できないため、データ連携によるDXの推進が重要だと強く思っています。
そうしたことを就職活動中にお話をしているのですが、ADXとのMeetUpときには私の話を深く聞いてくださったことが今も印象深く覚えています。さらに「それならば、ERP事業部で会社の基幹システムから情報の取得や集約の流れを見られるから希望すると良い」と具体的な提案までいただくことが出来ました。そのときの私自身はまだPathfinderの受講を終えたばかりだったのですが、実務能力は仕事をしていく中で培っていけばいいと背中を押してくれたことも、ADXの技術への自信や力強さを感じて志望する大きなきっかけとなりました。

入社後に分かったADXの良さや働きやすさについて教えてください。

ADXはさまざまなツールを有効に活用していて、個人のタスク管理もチーム全体の状況もうまく「見える化」出来ていると思います。業務報告や進捗報告のやり方も制度化されていて社員それぞれが周知と熟練しているので、付随業務に思い悩むようなストレスがなくなりました。
まだ入社1か月なので華麗なエピソードをお話することは出来ないのですが、さきほどの話のとおりERP事業部に配属されてから、まさに企業のヒトモノカネの資源の流れを見ることが仕事になるので、自分がやりたかった基幹システムを巻き込んだデータ連携によるDXを果たすためにはどのようなことを学んでいかなければいけないのかを実感をもって経験できたことは、自分にとっての大きな成長です。
それと社会人経験としては私が先輩であっても、技術的なバックグランドをもった方には一朝一夕では全く敵いません。それは自分へのプレッシャーでもありますが、技術や経験豊かな方に囲まれていることこそ、これからの自分を大きく成長させることが出来る良いチャンスだと思い、あらためて気合を入れなおしました。

現在の担当されている業務を教えてください。

不動産事業を営むお客様のPMOと、建設業のお客様のプロジェクトのBacklog*のサポートが今の業務です。議事録や月例報告書の作成など、今できる業務を進めながらプロジェクト全体の情報に触れて、経験を積ませてもらっています。他にはナレッジのドキュメントを一括して集めて整理することをやっています。
現在は一部OJTも含まれるかたちで業務についておりますが、プロフェッショナル業務を経験するための重要なフェーズであると理解しています。

* Backlog(https://backlog.com/ja/):チームメンバーがコラボレーションしながら作業を進められるプロジェクト管理・タスク管理ツール

1日の業務スケジュールを教えてください。

まずは前日の終業から朝までに来ているメールのチェックから始まります。TeamsやSlack、Backlogなど確認する対象のものは多くあるので、漏れがないようにそれらをひとつひとつ確認して、必要あればすぐに相談や確認のための情報共有や情報発信を行います。
また朝会では前日までの進捗状況の報告、今日のタスクの確認を行って、具体的な個々のタスクの進行にかかります。ほかにも月例会議や週次会議などの定例会議があるので、自分自身で手前の作業を管理していくことが大切ですね。それと自分ひとり抱え込んで悩み過ぎずに、すぐに相談するように心掛けています。

休日の過ごし方について教えてください。

以前はオーケストラに参加していました。そこの楽団はエントリー制なので自由度が高く、自分が好きな曲で練習時間が確保できそうな時期には、楽しく演奏活動を行っていました。
ほかには着物が好きなので、よく着ています。ありがたいことにご縁から着物を頂戴することも多くて、今いくつあるのか自分でも把握しきれていないです。和装はとっても楽しいものなので、ぜひ機会あればみなさんも着物に慣れ親しんでくだされば嬉しく思います。

ADXで働いてみたいという方へのメッセージをお願いします。

ITに限らず異業種異分野への転職は難しいかなと思っていらっしゃる方は多いと思うのですが、私の場合はPathfinderがIT業界への入口として本当に助けてもらいました。もし私のようにこれから準備を始めるという方であれば、Pathfinderのように同じ向きに向かって進む仲間が集うコミュニティに所属されることをお勧めします。
それとADXはアクティブに動く方の入社を大歓迎しています。スキルや経験などいろいろな不安はあるかと思いますが、自分は何をやりたいのか入社後にどんな働きをしたいのか、そうした想いをまずカジュアルチャットでご相談されてみてはいかがでしょうか。きっとADXの実像がより鮮明になることかと思います。

採用担当メッセージ

Pathfinder卒業生のAさんは、ERP事業部で今までのご経験をいかされながら業務を円滑にサポートされています。そしてPathfinderコミュニティの運営も担当されているのだとか!
Aさんとは説明会からの仲であるので、こうしてご活躍されている話を聞けて人事担当として嬉しい限りです!
ADXでは積極的に採用活動を実施中。皆様からのカジュアルチャットのエントリーをお待ちしております。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP